エネルギーを奔らせる

新しい分野へ積極的にチャレンジしなければ、企業にとっても、個人にとっても将来はないわけです。


しかし、新しい領域というのは、技術開発にしろ、市場の開拓にしろ、非常に難しいわけです。そこには経験したこともない障害、想像もつかないような困難が待ち構えています。そして、このバリア(障壁)を打ち破るということは、大変なエネルギーを必要とします。


かねてから私は、事をなすにあたって、「狂であれ」と言っています。それは、バリアを越えるには、そのバリアを打ち破れるだけの大きなエネルギーが必要となるからです。


エネルギーとは、それに従事している人の情熱です。燃えるような熱意、すさまじい根性と執念などが、バリアを越えるエネルギー源であり、チャレンジの必要条件となります。

「狂」とは、このような強烈なエネルギーに満ちた状態のことをいいます。


人間本来のエネルギーのほとばしりそのものが、新しい分野で成功を収めるよりどころとなるのです。



上記の言葉は

京セラ、KDDIの設立者であり

経営破綻したJALを2年で再生させた

経営の神様と呼ばれた稲盛和夫氏の言葉です。


私は稲盛氏が多くの著書で伝えているように

人生や会社の未来は

考え方や人生観、在り方、哲学で

決まるのではないかと思い至りました。


これから毎日、稲盛氏のことば(哲学)を

自分自身のために、そしてコンパスの未来のために

全社員と共有したいと思い、ここに掲載することにします。


社員の皆さんも毎朝始業前に、このことば(哲学)を読み

繰り返し腑に落とし、自分自身の生き方としていってほしいと思います。


代表取締役社長 板橋満彦




出典

『心を高める、経営を伸ばす』

―素晴らしい人生をおくるために― 

稲盛和夫著  発行元PHP研究所