自己の可能性を限りなく追求する

 「何か良いアイデアはないか」と、人はアイデアを外に求めがちです。


しかし私は、外に求めるのではなく、自分が今やっている仕事の可能性をとことん追求して、改良を加えていき、想像もつかないような大きな革新を図ることができました。


このようなことを知らず、結果だけを見て、先見性があると人は評価しますが、決して一般に言う先見性が私にあったわけではありません。もし、このような状態を先見性があるとするならば、私たちは既存のもののあらゆる可能性を追求することによって、卓越する先見性を身につけることができると言えるでしょう。


不透明な時代を乗り切るには、先見性を身につけていかねばなりません。その先見性は、外に求めても得られません。自分の技術、自分の経験など、自分の周辺にあらゆる可能性を追い求めていくのです。


時代がどう変わろうと、自分の足下を見つめ、自己の持てる可能性を限りなく追求していくことが、革新に至る王道であろうと思っています。




上記の言葉は

京セラ、KDDIの設立者であり

経営破綻したJALを2年で再生させた

経営の神様と呼ばれた稲盛和夫氏の言葉です。



私は稲盛氏が多くの著書で伝えているように

人生や会社の未来は

考え方や人生観、在り方、哲学で

決まるのではないかと思い至りました。



これから毎日、稲盛氏のことば(哲学)を

自分自身のために、そしてコンパスの未来のために

全社員と共有したいと思い、ここに掲載することにします。


社員の皆さんも毎朝始業前に、このことば(哲学)を読み

繰り返し腑に落とし、自分自身の生き方としていってほしいと思います。


代表取締役社長 板橋満彦




出典

『心を高める、経営を伸ばす』

―素晴らしい人生をおくるために― 

稲盛和夫著  発行元PHP研究所